かがみ教育【オンライン専門】幼児バイリンガル薫校 体験レッスンに申込んで特典を受取ろう♪申込

「うちの子話が上手にできません」お悩み解決!3つの視点から確認してみよう

お話が上手にできないといっても、性格的に内向的で資質的にコミュニケーション下手気味なことはあると思います。人それぞれ個性がありますからね。善悪ではありません。ただ、一定の働きかけによって改善することもあるでしょう。ということで、「なぜ言葉がうまく出てこないのか?」について3つの視点から見ていきましょう。

目次

適切な言語数が脳にインプットされているか?

語彙数が少なけれが当然表現力が乏しくなります。
これは各言語学習でも一緒。
英語学習でもまず単語!単語(パーツ)のインプットなくして文章を組み立てることはできません。

それでは、目安として各年齢でどの程度の語彙数をインプットできていれば良いのでしょうか?ぜひ、チェックしてみてくださいね!絵を見せると、以下の3つの単語を言えるでしょうか?

2歳レベル(約200~300語) いぬ、ねこ、くつ(わんわん、にゃんにゃん、くっくでもOK
3歳レベル(約900~1000語) ぶた、ひつじ、うし(正確な単語名が言えること)
4歳レベル(約1500語)   おたまじゃくし、あひる、てんとう虫
5歳レベル(約3000語)   グローブ、カスタネット、ももたろう
6歳レベル(約6000語)   歯医者、宅急便、ゆり
7歳~8歳          バイオリン、コンパス、フラスコ

どうでしょうか?小学校入学までに約6000語の単語が脳にインプットされている場合、学校生活で困ることはありません。
語彙力が乏しいと、指示を理解することが難しいこともあります。
4歳~6歳まで倍、倍で単語数が伸びていることにお気付きでしょうか?
語彙力は日々の会話、絵本の読み聞かせ、幼児教育等で徐々についていきます。

ちなみに英検に置き換えると、英検5級で300~600語(2~3歳レベル)、英検4級で600~1300語(3~4歳レベル)、英検3級で1250~2100語(4~5歳レベル)、英検準2級で2600~3600語(5~6歳レベル)、英検2級で3800~5000語(6歳レベル)です。英検3級を持っていれば、母語で4~5歳の子が話せる程度の会話はできるようになるということですね。

それでは、どうやって単語をインプットすればいいのでしょうか?

絵本の読み聞かせはとても良いですし、日常の会話や幼稚園、保育園での関わりの中でも語彙は自然と増えていきます。能力開発でフラッシュカードを導入しているのは、幼少期は右脳優位なので、3秒以下の速いスピードでカードを次々と見せて情報をインプットするためです。5歳以降は左脳優位になり3秒以上経つと考えるようになりますが、幼少期、活発に働いている右脳は大人にとっては理解し難いものですよね。「そんなに速くカード見せて意味あるの?」と大人は思いますが、あるそうです。笑 幼児教室に通わなくても一般に販売されているカードで試してみるのもいいですね。

感情が先走る

女性に多い傾向ではありますが、感情が先走ってしまって、事柄を上手に伝えられないことがあります。お母さんにゆとりがなく、受け止めてもらえない焦りから余計に感情的になってしまうことも。これは、夫婦関係、パートナーシップでも同じですよね。「聞いてよ!ねぇ!聞いてる?」とイライラ感情爆発!自分の方に関心が向いていれば安心して話すことができます。子どもの話を上手に聞けるお母さんを持つと、その子は頭が良くなる傾向があるようです。まずは、私達ママの心身状態が安定していることが何よりですね。

だらだらと全部話してしまう

これも女性に多い傾向ですが、要点をまとめず、だらだと話してしまうので相手に伝わりにくい、またはイライラさせてしまうタイプ。結果よりもプロセス重視の女性は全部大切な事柄で、結論から話したり要約したりするのが苦手な傾向にあります。「つまりどういうこと?」と全体を要約して要点をまとめて話す練習をさせてあげるといいですね。

まとめ

幼少期から論理力を養ってあげることによって、コミュニケーションを上手に取れる子に育っていきます。
幼少期、絵本をたくさん読むこと、読んであげることは語彙力をつけるためにも、感情表現を学ぶためにも大切ですね。
あとは、男の子であっても3歳になったらおままごと遊びをすることによって想像力がつくようになります。
中学生以降は文学を読むことによって人の心を読み取る力が育っていきます。

たくさん経験させてあげること、会話してあげること、遊ばせてあげること!そして、何よりも私達ママ自身がワクワク楽しく生きていることが一番です。自分自身が心地よい状態でいられるように、内なる自分に目を向けてみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる